外腹斜筋の解剖と腰・骨盤での機能について紹介!


皆さんが体型を気にする中でも特に気になるのが腹筋。

今回は外腹斜筋という腹筋の解剖と機能について紹介したいと思います。

腹筋は複数の筋肉があり、それぞれ仕組みは似ていますが微妙に内容が異なってきたりします。

この記事で得られること
  • 外腹斜筋の解剖と機能がざっくりと分かる
  • 筋肉の説明や運動の時に説明できる
  • 運動・ヨガなどの参考にできる
理学療子のアイコン画像理学療子
その他の腹筋について知りたいかたはこちらからどうぞ!
目次

斜めに走る外腹斜筋の解剖

画像腹直筋

外腹斜筋は横腹の中でも一番表層にある筋肉で、腹直筋の左右につながっています。

外腹斜筋は第5~12肋骨から始まって横腹から前方斜めに向かって走り、腹直筋の一部鼠径靭帯という部分に付着して終わります。

そのため関連してくるのは肋骨の動きや腰・骨盤の動きです。

この外腹斜筋が斜めに走っていることで綺麗なくびれやひねりの運動が可能になり、皆頑張って鍛えようとしているのです。

では、どんな機能を備えているのか次の項目で紹介していきます!

呼吸・排泄などにも関わる外腹斜筋の機能

画像外腹斜筋

外腹斜筋は斜めに走ってウエストを立体的に引き締めてくれます。

ただ、外腹斜筋の機能はそれだけではありません。外腹斜筋の機能は下記の通り

  • 体幹、骨盤、恥骨などを動かす
  • 腹圧を高めて腹部内容を圧迫する
  • 下半身の動きをコントロールする

上記のような内容になります。

体幹・骨盤・恥骨を動かす

主に外腹斜筋が運動で働く時には何種類か動きがあります。

体の前屈
骨盤を後ろに倒して腰を丸める
恥骨をみぞおちに向けて引く
体を横に倒す、反対にひねる
骨盤を左右どちらかに傾斜させる

このようにいくつか動きがありますね。

骨盤の仕組みを知りたいかたはこちらからどうぞ!
理学療子
理学療子

外腹斜筋が左右同時に働くと肋骨を引き下げ、腹直筋の時と同様に体を前屈させる動きとなります。

同時に骨盤も後ろに倒して腰も丸めることも可能となるのです。

上半身を固定された状態になると上半身が前屈出来ない代わりに恥骨を持ち上げて、腰を丸めみぞおちの方向へと引いていきます。

体のどこが固定されているかで身体の動きの変化がつくのです。

また、左右どちらかの外腹斜筋だけが働いた際には、身体をねじる運動、横にグッと引き寄せる運動になります。

画像外腹斜筋

このような運動が可能です。

片方だけが強く働くことによって上体起こしにねじる運動ができるようになります。

腹圧を高めて腹部内容を圧迫する

画像腹圧

外腹斜筋は左右から斜めにお腹を締め上げてくれることでお腹の中にある腸や内容物などを抑えてくれます。

それだけでなく、排尿・排便・嘔吐・分娩などの際にもお腹を圧迫して出そうとする働きも腹直筋と同様に持っています。

そのため、腹筋の筋力が低下するとトイレの時間が長くなりやすく、力むのに時間を要するようなってしまうのです。

また、外腹斜筋は呼吸にも多少関与し、強制呼吸の時に機能します。

理学療子のアイコン画像理学療子
腸の活動や便通などには腹筋が必要になるんです!

下半身の動きをコントロールする

画像下半身の動きをコントロールする

外腹斜筋が働くと、骨盤を後ろに倒して腰を丸めると紹介しましたね?

この骨盤の運動に伴い下半身の動きをコントロールすることから下部腹筋とも呼ばれています。

腹筋が落ちることで困るのは下半身のコントロールです。

腹筋が体の中心である腰を安定されることで上手に下半身を動かすことが可能となります。

ちなみに、外腹斜筋は男性よりも女性の方が弱い筋肉です。

通常では男性は肩幅が広くて、相対的に下半身が小さいですが、女性では上半身が小さく下半身が大きくなります。

それ故に、大きい骨盤を持っている女性のほうが骨盤傾斜をコントロールする外腹斜筋が弱くなり難しいのです。

そのため女性のほうが外腹斜筋の筋力強化をするのが男性よりも大きな努力が必要となります。

結論:外腹斜筋は運動コントロールと排泄に関与

佳吾
佳吾
お疲れ様でした!
外腹斜筋の紹介はこれで終わりになります。

くびれを作りたいなら外腹斜筋を鍛えたほうが良さそうですね!
私も筋トレ頑張ろー
理学療子
理学療子

佳吾
佳吾
くびれを作るなら外腹斜筋だけでなく内腹斜筋も鍛えましょう。両方働くと全体を締めて姿勢も綺麗に見えますよ!


理学療子のアイコン画像理学療子
な、内腹斜筋?やっぱり外もあれば内もあるんですね・・・


佳吾
佳吾
では次回は内腹斜筋を紹介しましょう!
次の記事をお楽しみに!

お疲れ様でした!
理学療子
理学療子


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

目次
閉じる